- 門出の道具 Ⅰ - 出品の古陶磁その他
昨日に引き続き、会場レポートとして2点の古陶磁をご紹介します。今回DMにご登場いただいたのは、花瓶ではなく、中国の火薬入れ。

e0215882_2301844.jpg


宗時代の作で海上がり(難破船などに積まれた陶器が海底に沈み、その後引き上げられたもの)のものです。比較的小さくて肌が白いものは散見しますが、緋色も出てしかも肩に自然釉が乗っているのは早々には見つかりません。しかも無傷完好。

e0215882_234959.jpg


続いては日本の古陶磁を。鎌倉時代の古瀬戸水注です。

e0215882_235586.jpg


釉薬が大きく剥落し割れの修復や呼継がありますが、古格あるお姿は惚れ惚れとしますね。花器として使用するには落しが必要(写真も落しを用いています)ですが、背の高い花をしゅっと活けるとなかなかの姿になります。ちなみに敷板は明治期の水車板です。

e0215882_2392777.jpg


最後はオマケ。持ち運びのできるフランスの船用小箪笥で、通常フロントに蓋がついていて机代わりにもなるものです(蓋は欠損してます)。ぱっと見は東北かどこかの小箪笥のようですが、引き出しを開けると、、これは是非会場でご確認ください。

今日も平日にも拘らず大変多くのお客様にご来場いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。3月5日まで、ノンストップで会場に居ります。新たなお品の追加もあるかも?
[PR]
by bon-antiques | 2012-02-29 23:16 | 展示会
<< - 門出の道具 Ⅰ - いよい... - 門出の道具 Ⅰ - >>