金繕いを承っております。
Bon Antiquesではお客様により長く骨董をお楽しみいただきたい、という想いから金繕いのご依頼を承っております。

多少のお時間はいただきますが、昔ながらの本漆と純金粉、純銀粉仕上げでコツコツと真面目に直しております。特に食器等は口に触れるものですので、安心してご使用いただくべく天然の素材に拘っております(*)。

*磁器の大皿等は日常使いの強度を保つために、稀に無害の接着材を使用する場合もございます。接着面は本漆でカバーするため、器表面に接着材の成分が染みだしてくる事はございません。

お直しのご依頼はメールにて承っております。お直しされたい器の写真をメールに添付してお送り下さい。追って見積りと大まかな納期をお知らせ致します。

破損してしまった大切な器を、昔ながらの手法で蘇らせてみませんか?
金繕いのご依頼はこちらから、写真を添付いただける場合は、

info◆bon-antiques.com(スパムメール防止のため◆部分を@に変更してお送り下さい)

までどうぞ。
e0215882_1630121.jpg
e0215882_1630241.jpg

唐津皮鯨小皿(口縁の欠け) 本漆/銀粉仕上

e0215882_16313992.jpg
e0215882_16312678.jpg

オランダ ストーンウェア徳利(本体の割れ) 本漆/金粉仕上

e0215882_16354911.jpg

無地刷毛目平杯(口縁にホツレ)本漆/金粉仕上
[PR]
by bon-antiques | 2013-08-12 16:39 | お知らせ
<< UTSUWA - Bon An... 扉の写真を更新しました。 >>