三ツ椀
一番大きな椀の直径 118-122mm、高さ 50mm

木地にさっと黒漆をかけただけの田舎椀(三ツ椀)です。
形式としては古いのでしょう、高台内の印が朱漆ではなく一文字の引っ掻きです。
二の椀が同じほぼ同径ですので一の椀の代わりに紛れ込んだのかも知れません。
欠けが一カ所、漆にハガレがありますので日々の実用向きではありませんが、
何とか使えない事もないレベルです。推定江戸前期。

ご売約

e0215882_1621056.jpg

e0215882_1624334.jpg

e0215882_162387.jpg

e0215882_162515.jpg

e0215882_163231.jpg

e0215882_1641560.jpg

e0215882_1643024.jpg


ご注文、ご質問等はこちらのフォームからお願いします(アイテム名をお書き添え下さい)。

[PR]
by bon-antiques | 2013-09-02 21:59 | その他
<< 土器水差し ウェブ骨董市 >>