カテゴリ:展示会( 32 )
UTSUWA - Bon Antiques
9月7日(土)より久々の展示会が鎌倉で開催されます。

e0215882_18174661.jpg



UTSUWA - Bon Antiques

会期:2013年9月7日(土)〜9月16日(月/祝) *9月10日(火)のみ閉廊
時間:12:00〜18:00
場所:うつわ祥見 onari NEAR(神奈川県鎌倉市御成町 5-28 Tel : 0467-81-3504)


タイトルの通り、Bon Antiquesとしては初めての「器」のみの展示会です。国焼はもちろん朝鮮ものもかなり充実、花器や小さいものも少しは並べる予定です。

また初日(7日)のみですが在廊し、14時からは店主、祥見知生さんとのギャラリートークもございます。新旧を超えた器の魅力や「良い器とは何?」といった深い話まで、話だすとキリのない感じですが、申込や入場料は不要ですのでお気軽にお越しいただければと思います。

鎌倉には美味しいお店や文学館など落ち着ける場所がたくさんあります。
鎌倉周遊がてら、是非お出かけください!
[PR]
by bon-antiques | 2013-08-23 18:33 | 展示会
第一回 大時代錯誤展
今月は少し風変わりな合同展に参加します。

第一回 大時代錯誤展 (時代の異なる物を混同して考える)

東京青山にあるレストランカフェ「ラスチカス」で行う展示会です。古い物と新しい物が空間だけだなく時間をも呑みこんで見えてくるシナジー(相乗効果)と錯綜。古美術、伝統工芸、古道具。それぞれジャンルの違う業者が日本のものという括りでいろいろなものを持ち寄ります。

開催日:2013年5月19日(日)
時間:11:00 - 18:00
会場:レストランカフェ ラスチカス(東京都渋谷区神宮前 5-47-6
入場料:1,000円(飲み物付き)
主催:東京アートサロン(問い合わせ先/Ishii Collection Tel : 03-3468-6683)

●出店業者一覧

Ishii Collection
古美術上田
ギャラリータカミネ
ステレオグラフ
花筥
骨董うまこし
Antique and Arts MASA
ギャラリーメルカトーレ
チコレ
きこゆ
Bon Antiques

陶芸家中村譲司 
書家HILOKI


和物だけ、という潔い企画展です。友人もたくさん参加、どんな催しとなりますか。私も楽しみです。当日、会場でお会いしましょう。
e0215882_21192571.jpg

[PR]
by bon-antiques | 2013-05-05 21:22 | 展示会
座辺の初夏たち - さわやかな骨董 -
そろそろGWだというのに、未だ上着が必要な今年の春。欧州の寒波もハンパないと聞きましたが一体全体どうなっているのでしょうか。さて、そんな中でも時間は一秒ずつ確実に進んでおります。2月に開催しました百草の展示会から3ヶ月、大分での展示会のお知らせです。Bon Antiquesとしては初の九州入り。会期はGW真っただ中ですので、もし九州に来られるご予定がありましたら是非お立ち寄り下さい。

「座辺の初夏たち - ざわやかな骨董 - 」展

会期:2013年4月28日(日)〜5月6日(月)
営業時間:11:00〜18:00(会期中無休)

Bon Antiques 店主在店日:4月28日(日)・29日(月)

於:丹羽茶舖(〒871-0054 大分県中津市京町 1-1530-1)
Tel / Fax : 0979-22-0123
http://www.niwachaho.jp


タイトル通り、初夏に相応しいさわやかな印象を持つ古物を揃えました。和骨董はもちろん朝鮮時代の白磁や時代硝子などの酒器、日々楽しみ遊べる木の道具などを中心に80アイテム程ご用意しました。
会期中は樽木栄一郎氏のソロライブやこどもお茶教室も開催されるようです。詳しくは丹羽茶舖のホームページをご覧いただくか、お電話にてお問合せください。

e0215882_12465363.jpg

e0215882_1247401.jpg

[PR]
by bon-antiques | 2013-04-24 12:52 | 未分類
「祈りのかたち」 at Gallery SU
26日(土)より東京のGallery SUで始まりました「祈りのかたち」展。初日から大変多くのお客様にお越しいただきました。寒中お越し下さり御礼申し上げます。どうもありがとうございました。土日に在廊しておりましたが、前日の搬入日には西麻布の桃居高仲健一氏の画陶展、土曜日には駒場の日本民藝館で開催中の「特別展 日本の漆」展も観ることが出来、充実した東京滞在でした。

今回の展示会の会場風景がGallery SUのホームページで紹介されておりますので、是非ご覧下さい。とても綺麗に撮影していただきましたが、写真には写らない「気配」をぜひとも会場で味わっていただきたく思います。会期は2月2日(土)まで、会期中は無休です。

追伸:昨日深夜に奈良へ戻って参りましたが、何と大雪!帰りは積雪の中えっちら、と徒歩で帰宅しました。
[PR]
by bon-antiques | 2013-01-28 20:48 | 展示会
今週末からは東京でも展示会。
今月19日から始まりました百草冬百種展「奈良から」。寒波でご来客が心配でしたが、お陰さまで初日から大変な賑わいをみせてくれました。展示場所も隙間が出てきましたので、急遽商品を追加することになりました。今週土曜日には新しいお品が並んでいるはずですので、お近くの方は今一度御来場くださいませ。

また今週末からは東京でも展示会を開催致します。一昨年12月にもお世話になった麻布のGallery SUにて「祈りのかたち」と題して洋の東西を超えた宗教遺物を展示即売します。DMの板画イコンや立体イコンを始め、心の祈りや希望などが手を動かした「様々なかたち」にも着目し、生活の中の祈りのかたちをも網羅した幅の広い展観となりそうです。26日(土)、27日(日)は私も在廊しております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

e0215882_23321470.jpg

[PR]
by bon-antiques | 2013-01-23 23:36 | 展示会
百草冬百種展「奈良から」に出展します。
今年も残すところあと僅か。食べたり寝たりするだけで、気がつけば「ゆく年くる年」が放映されている、なんてのはもう馴れましたが、何をしても机が片付かないのはどうにかしたいところです。さて、あなたは2012年に忘れ物はないですか?

1月19日からは多治見のぎゃるり百草で展示会を開催します。展示会、といっても今回は年1回開催されている「百草冬百種展」への出展です。「百草冬百種展」は毎年1月に全国の都道府県から一県に的を当てて百草の廊主、安藤雅信氏が選んだ作家ものや物産、お店などを紹介するものです。2013年はマイタウン、奈良が選ばれました!



百草冬百種展「奈良から」

会期:2013年1月19日(土)〜2月3日(日)
会場:ぎゃるり百草(岐阜県多治見市東栄町 2-8-16)
時間:11:00〜18:00(会期中無休)


会期中は出展者の1人、「くるみの木」のオーナー石村由紀子さんやオリジナル多面体スピーカの工房、sonihouse主宰の鶴林万平さん、安藤雅信さん、そして私の4名でのトークセッションや奈良の隠れた(?)名物「茶粥」をいただけるイベントなど、盛りだくさんの内容です。もちろん奈良の作家さんの作品や奈良で作られている工芸品なども販売します。

私は李朝ものなど渡来ものを含めた「奈良らしい」骨董を展示販売します。結構スペースをもらっているので、百草の贅沢な空間でゆっくりご覧頂ければと思います。

追って展示会の詳細やトークセッションのご案内もブログで紹介しますね。
e0215882_23521327.jpg

[PR]
by bon-antiques | 2012-12-26 23:55 | 展示会
「Jikonka & Bon Antiques 展」いよいよ始まります。
久々のブログ更新です。毎日パソコンの前に座っているのにブログが更新できないのは、中学生の頃、日記が長続きしなかったのと同じだなぁ、と感慨に浸っております。人間そんなに変わるものではないのですね。いい訳ばかりでスミマセン。

さて、今月の7日から9日まで東京で展示会を開催します。東京での展示会は3月以来ですので実に9ヶ月ぶり。今回は平間磨理夫さんが花を活けてくれるそうで、花器多めのセレクトで臨みます。花器以外には日々お使いいただける食器の他、韓国の古い本、文房具も少しご用意しました。短い会期ではありますが、是非ご高覧下さい。

Jikonka & Bon Antiques 展

会期:2012年12月7日(金)〜12月9日(日)
時間:11時〜18時迄
会場:Jikonka TOKYO(東京都世田谷区深沢 7-15-6・電話 03-6809-7475)

会期中は全日在廊してお迎え致します。

古道具の他、平間さんによる生け花デモンストレーションや美味しい中国茶、8日のみですが中国茶の他、点心(八宝粥と水餃子!)もお召し上がりいただけます。古道具をご覧頂いて小腹が空いたら是非。

皆様とお会いできます事、楽しみにしております!
e0215882_182902.jpg

[PR]
by bon-antiques | 2012-12-04 18:30 | 展示会
Le Korean Art Folklorique
一昨日、韓国から戻ってきました。朝夕は流石にひんやり、でしたが昼間はなかなかの残暑っぷり。日本も韓国も状況は同じなんだなぁ、と夜にホテルの部屋で天気予報を見ながら感慨に浸っておりました。

さて肝心の収穫ですが、今回も数々の面白いものに出逢えております。Twitterでは途中経過として李朝前期の三島徳利などをご紹介しましたが、無事に税関を通過し今は拙宅にて鎮座しております(もひとつ紹介した高麗の真鍮製五輪塔は流石に国外持ち出しNGと判断し涙をのみました)。結局、物との出逢いはご縁、乱暴に言ってしまえば運任せなんですが、今回は特に「紙もの」が面白かったです。いつもはソウルの骨董屋のみ徘徊しているのですが、今回は地方都市へも進出しました。突然のひらめきで滞在した「地方都市」がめっぽう面白かったのですが、結局1枚も写真を撮っておらずブロガーとしては最低な有様。しかし私の買付人生(大袈裟?)を左右するほどの充実ぶり(物ではなく人との出逢いという意味で)はこれからの韓国滞在がより複雑なものへと変化してゆくのは確実でしょう。「物」も重要ですが、やはり「人」の出逢いに勝るものはありません。この辺りの収穫は今月から京都で開催される「Le Korean Art Folklorique - 韓国のフォークアートを求めて」という展示会で一挙ご紹介できると思います。


Le Korean Art Folklorique - 韓国のフォークアートを求めて

於:恵文社一乗寺店 生活館(京都)
会期:10月13日(土)〜26日(金)*会期中無休
時間:10:00 〜22:00(最終日のみ18:00のクローズとさせていただきます)

*店主在廊日:13、14日

Bon Antiquesを主宰する奈良の古物商、中上修作が韓国の生活道具や書籍などを
アートの視点で集めて生活館のギャラリーで展示即売致します。
深まりゆく秋のひととき、恵文社一乗寺店で楽しい時間をお過ごし下さい(DMより抜粋)。



昨年秋の韓国展は生活工芸中心でしたが、今回は手に取り眺めて楽しめる、日々の栄養素となるオブジェを中心に展示します。より濃いアイテムが並びますのでご期待下さい。



また、dacapoに連載中の「梵な道具を聴いてみる」が更新されました。今回は明治期の木馬をご紹介しています。お時間のある時にでもご覧下さい!

e0215882_2143515.jpg

[PR]
by bon-antiques | 2012-10-08 21:25 | 展示会
「夜想的喫茶」残り3日です。
毎日大阪へ通って早1週間。明日を含め、いよいよ会期が残り3日となりました!
お陰さまで毎日、様々な古物がお客様の元へと旅立っております。明日は週末、台風の影響が心配ですが、最後の追加もありますのでお見逃しなく。追加するのは以下の4点です。

・瀬戸の小さな蓋物(見立て茶入れ) 明治期
・瀬戸の鉄絵仏飯器(見立て蓋置き) 江戸後期
・角盆 時代不詳
・古伊万里 菊絵蕎麦猪口(高台あり) 江戸中期

上記では何やら全く分からないと思いますので、気になる方は御来場下さい。
お待ちしております!
[PR]
by bon-antiques | 2012-09-28 23:23 | 展示会
大阪の展示会3日目
さて、大阪の展示会が早くも3日目終了です。明日は店休日のため、休廊ですのでお気をつけ下さい。明日は休みですが、仕入れに出かけます。仕入れは楽しいので仕事のような気がしませんが、それでも一応は仕事です。

さて昨今はTwitterばかりでブログをサボっておりますので、今日はまだ会場に残っているお品の一部をどーんとご紹介します。

まずは入り口を抜けます。
e0215882_23551362.jpg


正面には御深井の向付(見立て小服茶碗)
e0215882_2356346.jpg


そして、常滑山茶碗。二度窯ですが嫌しくありません。
e0215882_2357930.jpg


これは珍しい!北フランスのパテボウル。内抱えで高台も高く、薄茶にバッチリ。
e0215882_23595351.jpg


右手には江戸期の木箱。お膳の入れ物だったのしょうか。
e0215882_23583845.jpg


部屋奥には漆桶の見立て水指。塗り蓋も丁寧な誂えです。
e0215882_013563.jpg


寒川義雄作の焼締花器とイギリスのスレート屋根瓦。
e0215882_024244.jpg


遊郭か色街で使われたのでしょうか。装飾がうつくしい鉄行灯。
e0215882_034343.jpg


奥の壁には明治期の状差し。
e0215882_0434100.jpg


舟板は釘が残ったまま。
e0215882_053168.jpg


中村友美の洋白菓子切り。現在は奈良で製作をされております。
e0215882_061262.jpg


瀬戸の輪線文壷。輪線文には目がない店主です。
e0215882_074464.jpg


京都から参加の水野悠祐のトレイ。わがた盆のような削りがシックです(他に鉄媒染の黒もあります)。
e0215882_083184.jpg


他にもまだありますが、今日はここまで。展示会は明後日以降、10月1日(月)までの開催です。
皆様のお越しをお待ちしております〜。
[PR]
by bon-antiques | 2012-09-25 00:13 | 展示会