<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
4月よりdacapoの連載がスタートします。
春眠なんとか、といいますが昼間の街は春の霞でいっぱいです。いい季節になりました。しかし週末はまた少し寒くなるとか。この寒暖の差の激しさも春っぽいのですね。

さて明後日からいよいよ渋谷での展示即売会が始まります。今回は近所の道具商、三坂堂さんとの共同出展です。初日(30日)は17時からのオープン、最終日(4月2日)は18時までですので、お間違えのないようにお願いします。

展示の模様は折に触れブログでご紹介しますね。

さて今日はお知らせをひとつ。

4月2日よりウェブマガジン、dacapoにてBon Antiquesの連載が始まります。「梵(ぼん)な道具を聴いてみる」というタイトルで、ウェブにアップされるタイミングの二十四節気から道具を選び、コラムに仕立てます。更にその季節に聴いていただきたいCDの紹介も行うというもの。4/2アップの第一回目は李朝白磁の壷をご紹介してます。お暇な時にでも一度読んでみて下さい。

それでは、明後日からの展示即売会でお会いしましょう!
e0215882_017336.jpg

[PR]
by bon-antiques | 2012-03-29 00:19 | お知らせ
大江戸骨董市出店と売出のお知らせ。
本当に久々の開催です。昨年11月から会場の国際フォーラムが床面更新工事を行っており、大江戸骨董市は先月まで休会しておりました。今月からいよいよ再開し、18日(日)は私も出店致します。関東地方の方、18日は是非大江戸骨董市でお会いしましょう。今回はA-5の列のあたり、比較的東京駅寄りの場所にいるはずです。

大江戸骨董市が終わると間を開けずに再び東京です。今回はhaus & terrasseという服屋さんの上のギャラリーで4日間のみの売出を行います。奈良の古物商、三坂堂さんと同時出店です。面白いものを沢山用意しておりますので、こちらもチェックされてみて下さい!
e0215882_224951.jpg


棚から春日 - 奈良の古物商二人 -

奈良在住の古物商、白土晶大(三坂堂)と中上修作(Bon Antiques)が粋(すい)の視点で選んだ、古物の数々を展示即売致します。ほころぶ桜を愛でながら、心躍るひとときをお過ごしいただければ幸いです。

2012年3月30日(金) - 4月2日(月) 11時 - 20時*
haus & terrasse(東京都渋谷区渋谷1-20-3 : Tel / 03-6427-5705)

* 3月30日は17時より開廊、4月2日は18時にて閉廊します。
* 白土、中上が全日在廊してお迎え致します。


会場の地図はこちらから。



実質4日間だけの売出ですので、皆様お見逃しなく!
[PR]
by bon-antiques | 2012-03-14 23:01
モンマルトル、愛の夜。
たまには音楽の話もしましょうか。私は昔からフランスのSARAVAH(サラヴァ)というインディペンデント・レーベルのレコードを収集しております。

サラヴァというレーベルは40年も以上も前からピエール・バルーという歌手であり詩人、旅する哲学者が主宰しています。ピエール・バルーはクロード・ルルーシュ監督の『男と女』という60年代のフランス映画のサウンドトラックで有名(本人も映画に出演しています)ですが、現在も日本とカナダ、そしてフランスを行ったり来たりしながら精力的に活動を続けています。サラヴァのアーティストとしては、かつてブリジット・フォンテーヌという女性アーティストらも所属しておりましたので、音楽好きの人にはピンと来るかも知れません。

10年前くらいから何枚かの再発CDに原稿を書いたりしておりましたが、今月久々にサラヴァの選曲集が発売されます。選曲はSUBURBIAの橋本 徹氏、曲目解説は私が執筆しております。
e0215882_23422968.jpg


モンマルトル、愛の夜。- Saudosismo do Saravah - (YMCP-10018)

サラヴァ・レーベル発祥の地、モンマルトル。その一角からピエール・バルー自身の通奏低音ともいえる”サウダージ”の精神性が花粉のように世界中へ舞った。ボサノヴァとフレンチ・ポップスにとどまらない、ブラジル音楽とフランス音楽の邂逅と交差をへて、その先に開花した奇跡のように美しく仄かな音像がサラヴァのフィロソフィー。1960年代から今宵まで、出逢いを繰り返す人と街への真摯なオマージュとして、ここに刻印。(プロモーション資料より抜粋)

定価 2,625円(税込) 2012年3月21日発売


現在までサラヴァのコンピレーションは何枚も発売されていましたが、静かな佇まいの音楽を中心に
編集されております。AmazonHMVタワーレコードのサイトでもご購入いただけますので、ご興味のある方は是非お手に取ってみてください!

4月25日には違う内容のサラヴァのコンピレーションも発売されますので、こちらも改めてインフォメーションさせていただきますね。
[PR]
by bon-antiques | 2012-03-14 00:07 | 日々
- 門出の道具 Ⅰ - いよいよ最終日。
一昨日は小春日和、昨日は冷たい雨だった。そして明日は暖かい雨だそうで。この時期、天気の神様は気まぐれなようです。しかし、とはいえ、いよいよ。明日が大阪の展示会最終日です。あっという間の9日間でしたが、皆様に楽しんでいただけたかどうか。


土師器 丸壷

e0215882_112576.jpg


江戸期 蝋燭立て

e0215882_1142351.jpg


李朝中期 白磁台皿

e0215882_1151239.jpg


平安時代 須恵器/水車板

e0215882_1155773.jpg


時代籠

e0215882_1171657.jpg


昭和時代 アルミ小バケツ

e0215882_1174869.jpg


実は大阪での展示会は初めてでしたが、初日の不安はシャッターを閉める頃には解消されました。魅力ある古物を追加しましたので、まだいいもの残ってますよ。明日も20時まで皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]
by bon-antiques | 2012-03-05 01:23 | 展示会